So-net無料ブログ作成
検索選択
島田荘司 ブログトップ

『新しい十五匹のネズミのフライ』 島田荘司 [島田荘司]

こんどもまたホームズがらみ。

新しい十五匹のネズミのフライ: ジョン・H・ワトソンの冒険

新しい十五匹のネズミのフライ: ジョン・H・ワトソンの冒険

  • 作者: 島田 荘司
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2015/09/30
  • メディア: 単行本


島田荘司はシャーロッキンアンでもあります。
すでに『漱石と倫敦ミイラ殺人事件』においてホームズを活躍させています。ホームズがコカイン中毒で仕事にならず、そのあいだワトソンと夏目漱石が活躍するというお話でしたが、この『新しい十五匹のネズミのフライ』も似たような設定。
ただし、ホームズの薬物中毒はより深刻で、精神病院に強制入院。再起不能を匂わせます。
そこで活躍するのが、今回はワトソンひとり。まさに副題のとおり、「ジョン・H・ワトソンの冒険」となっています。

本格ミステリーの要素はだいぶ薄く、サスペンスやアクションに重点がある作品。
ワトソンも参加する銃撃戦のシーンもあります。

ドイルが書いた60編のホームズものの流れに矛盾しないように、時系列を整え、ワトソンに新しい過去のエピソードを追加し、面白い物語に仕上げてあります。
そのあたりの工夫が「あとがき」に書いてあるので、必読でしょう。

興味深かったのは、ホームズが入院したため、事件のネタが尽き、新しい話を書けなくなったワトソンが編集者から新作を迫られるシーン。
ワトソンは苦し紛れに完全にフィクションで短編をひとつ創作します。それが「這う人」という設定。

「這う人」は最後の短編集『シャーロック・ホームズの事件簿』に収まっている話。
著名な大学教授が突如、野獣のように這い回り、ものすごいスピードで移動したり、壁を上ったりしはじめる。さらには、愛犬と格闘をはじめる始末。
真相は、若い妻をもらうことになった教授が精力をつけるため、類人猿の血から抽出した成分をこっそり注射していた。その作用で、日ごろの振る舞いまでも類人猿のようになってしまった、という、つまりはバカミスのような物語。
コナン・ドイルの正気を疑うようなありえない話です。しかも、発表は1923年で、もうこの時代はミステリーも長編中心の黄金時代にはいっており、よくまあ、こんな話が「ストランド・マガジン」の載ったものだな、と。

そして、『新しい~』の中でも「這う人」を執筆したワトソンに対し、編集者が、
「この作品はストックにしておきましょう」
と暗に採用できないと告げます。笑いました。
実際も、「這う人」が発表されたのはドイルの活動期間の末期ですから、「ストック説」も妙に納得がいきます。

最大の謎は、「新しい十五匹のネズミのフライ」の意味ですが、トリックとしてはたいしたことありません。短編だったら支えられたかな。
まあ、ご愛敬。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

『写楽 閉じた国の幻』 島田荘司 [島田荘司]

『このミステリーがすごい! 2011年版』 第2位、
『2011 本格ミステリ・ベスト10』 第7位、
となった島田荘司の最新長編、『写楽 閉じた国の幻』を読みました。
20110529.jpg
いわゆる歴史ミステリーに分類される作品です。
江戸時代中期、寛政年間に活躍した謎の浮世絵師、東洲斎写楽の正体に迫る浮世絵研究家を主人公とした物語。
先行作品としてはかの有名な高橋克彦の『写楽殺人事件』がありますね。
『写楽殺人事件』では題名どおり殺人事件が発生し、普通のミステリーでもありますが、『写楽 閉じた国の幻』ではミステリーの題材になるような刑事事件はなく、歴史ミステリーとしては、高木彬光の『成吉思汗の秘密』などに近いでしょう。

一言でいうと、“異形の傑作”。
2000年以降に発表された島田荘司の作品としては最高と考えていいのではないでしょうか。
しかし、あいかわらず病的なこだわりとしか思えない「日本人論」がうっとうしい。
また、主人公の私生活をめぐる物語には、何か裏があることが臭わされているものの、その伏線は未解決のままです。小説としては破綻している。
特殊な評価にならざるをえません。

ですが、写楽の謎にせまる迫力、知的好奇心の刺激、大胆な発想など、歴史ミステリーの部分はとても素晴らしいデキです。
ハードカバーで700ページ近い大作です。しかし中盤から一気読みでした。
還暦を過ぎた島田荘司。このようすならまだまだ面白い作品を読ませてもらえそうです。
図書館で借りて読んだのですが、文庫になったら購入します、絶対。

もちろん、これは小説ですから、作中の結論は面白いものです。しかし、現実にはありえないでしょう。
ただ、写楽を巡るいくつもの謎、矛盾をいっぺんに解決、説明できる説としては形式的には成り立つ。
まさに本格ミステリー的解決であります。
伝統的な本格ミステリーの形式ではありませんが、本格の精神に満ちあふれた傑作です。
ガンバレ、島田荘司。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『占星術殺人事件』 島田荘司 [島田荘司]

講談社ノベルスから刊行された「改訂完全版」を読みました。
ほぼ20年ぶりの再読です。
20100814.jpg
1981年発表の、島田荘司のデビュー作。名探偵・御手洗潔、初登場作品です。
キャラクターの濃い天才型探偵を主人公に据え、古典的なワトソン役を配し、大がかりなトリックで勝負した作風は、雑誌「幻影城」出身の作家が活動していた当時でも珍しく、綾辻行人ら「新本格派」の作家たちに与えた影響ははかりしれません。

切れのある大トリックの印象が強かったこと、それからプロットは単純なため、忘れやすい私もこの長編はよく覚えていました。
今回再読して気がついたのは、第一の「梅沢平吉殺人事件」で、密室にする理由が弱いということ、それから後半部分、御手洗と石岡が謎の解明のために京都へ行ってからがやや冗長に感じられること、の2点です。

ただ、そんな弱い部分も、6人の娘のバラバラ殺人である猟奇的な「アゾート事件」の真相を知れば吹き飛んでしまうことでしょう。
やはりすごい。
わが国のミステリ史上に燦然と輝く傑作であります。

今回の版は、南雲堂『島田荘司全集Ⅰ』刊行のために、文章に手が加えられた「改訂完全版」を講談社ノベルスから出版したものです。
読点が読みやすい位置に打たれたり、登場人物のセリフのうち、野暮ったいものがスマートに書き直されたりしているくらいで、全体の印象は変わりません。
全集のあとがきによれば、いくつか加筆されている部分もあるようですが、読んでいて浮き上がった感じはまったくなく、出版当時の雰囲気を残した、上手な改訂版に仕上がっています。
高木彬光の作品に例のある「改稿新版」とまではいかない、ということですかね。

島田荘司の第2長編、『斜め屋敷の犯罪』の改訂完全版も、2月9日に講談社ノベルスから刊行されるそうです。

『島田荘司全集』はようやく第2巻が刊行されました。
最終巻の刊行は、いつになることでしょう……


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『リベルタスの寓話』 島田荘司 [島田荘司]

御手洗潔シリーズ最新刊です。

前作の『UFO大通り』は、御手洗潔がまだ日本で生活していた時に解決した事件をあつかったものでしたが、今作は御手洗潔の“今”が描かれています。
『UFO大通り』同様、中編2作が収録されています。

まずは表題作「リベルタスの寓話」

スウェーデンに在住し、相変わらず研究に忙しい御手洗。クロアチアで発生した難事件の解決をNATOが御手洗に要請しますが、彼に代わってスウェーデン人の友人がクロアチアに乗り込みます。『ネジ式ザゼツキー』と同様の安楽椅子探偵ものです。

読んでいて「この話はいったいどういう物語なんだろう」と話の先を霧の中に閉ざす技はさすが島田荘司。
読み進めると、いつのまにか島田お気に入りの「この猟奇殺人には、そうしなければならなかった必然性があった」というパターンに落ち着くんですけれどね。

JDC秋合宿でも話が出た「名探偵の“決め打ち”」ですが、この作品でも、御手洗がばしばし“決め打ち”してます。超能力かと思うほどですが、そもそも名探偵が持っている推理力は普通の人が持ち合わせているものではありませんから、ある意味「超能力」といってよいかもしれません。

つぎは「クロアチア人の手」
こちらもクロアチアものです。
といっても舞台は日本。被害者と容疑者がクロアチア人です。
シリーズのワトスン役、石岡が御手洗の助言を電話で聞きながら、事件に迫ります。
こちらのほうがオーソドックスな本格ミステリ。
島田荘司らしい物理トリックでどどんと勝負してます。

作品のデキは「リベルタスの寓話」が上だと思います。
みなさんはどう思われたでしょうか。

島田荘司は来年還暦をむかえるわけですが、まずまずのペースで本格ミステリを発表し続けています。
日本の推理小説史では珍しいですね。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『御手洗潔の挨拶』 島田荘司 [島田荘司]

島田荘司が創造した天才型探偵・御手洗潔の第一短編集『御手洗潔の挨拶』を久々に再読しました。

1980年代、『斜め屋敷の犯罪』と『異邦の騎士』の間に発表された短編を集めたものです。
収録作品は、
「数字錠」
「疾走する死者」
「紫電改研究保存会」
「ギリシャの犬」
です。
一般的には「数字錠」の評価が高いですが、いま読み返すとあまりに“心温まる物語”を演出しすぎているきらいがあります。
やはり世評の高い「疾走する死者」は、メイントリックが島田荘司お得意の××××を利用したものであること、それから御手洗の推理がかなり直感的であることが気になります。

それよりも、コナン・ドイルの「赤毛連盟」を彷彿とさせる「紫電改研究保存会」が面白い。
展開は強引で、犯人がそんな行動をとる合理的な理由に乏しいことに読後気づきますが、読んでいる間は「この物語はどう転がっていくのだろうか」と興味を切らさないストーリーテリングに舌を巻きます。
そして最後の「ギリシャの犬」は、一種の暗号物。隅田川での水上捕り物が新鮮でした。

この「ギリシャの犬」や「疾走する死者」、そして長編の『斜め屋敷の犯罪』や『暗闇坂の人喰いの木』など、島田荘司のトリックは、“立体的な視覚イメージ”から考え出されたものが多いです。
そこが島田の特長のひとつです。
また、道具立てが大きい。『アトポス』では、巨大な“道具”まで駆使します。
小道具の使い方が上手い東野圭吾とは対照的な本格作家です。

島田荘司は、このように本格作家としてその要素を分析しても、かなり“異端”であります。
そこが島田が、(良い意味でも悪い意味でも)他の作家たちから浮き上がっているように見える理由のひとつだと思います。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『UFO大通り』 島田荘司  [島田荘司]

名探偵・御手洗潔シリーズの中編2編が収められています。
表題作の「UFO大通り」と「傘を折る女」です。

2話とも、1980年代、御手洗が日本を去る前に解決した事件という設定です。

「UFO大通り」は、おばあさんが、家の隣で宇宙人が戦争をしている、とか、家の前の通りをUFOが走っている、だの言い出して周囲から痴呆症あつかいされているのを不憫に思った小学生から依頼(?)を受けた御手洗と石岡が、近くで発生していた謎の殺人事件と関連づけて、一気に解決してしまうお話。
島田荘司お得意のパターンですね。

「傘を折る女」は、雨の日に信号の前に立つ女が、手に持った傘をさすどころか、自動車に轢かせて折り、曲がった傘を持って去っていく不可解な行動をとるのはなぜか、というお話。
御手洗と石岡がラジオを聞いていると、リスナーからこの話が投稿され、それを御手洗が家を出ずに解決するというもの。
かつての名作「糸ノコとジグザグ」を彷彿とさせる、「九マイルは遠すぎる」的なストーリー。

いずれも、読んでいて「既視感」を抱いてしまうところが残念。過去の島田作品と、とてもよく似ているのです。
それでも、話の先が常に霧の中にあるような、ストーリーの先が読めない、破天荒なプロットは健在です。

評価は、★★ かな。
御手洗潔モノの新作長編に期待します。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『島田荘司全集Ⅰ』を買いました。 [島田荘司]

今日、本屋に寄ったら、『島田荘司全集Ⅰ』(南雲堂)が並んでいたので購入してきました。箱入りです。お値段は、3,500円+税。

収録されているのは、『占星術殺人事件』、『斜め屋敷の犯罪』、『死者が飲む水』の3長編。
(ちなみに、背表紙には、『斜屋敷の犯罪』と印刷されています。「め」が抜けてます。中身はちゃんと「斜め」になってますから、誤植だと思われます。第2刷があれば、訂正されるかな)

3長編とも「改訂完全版」の枕詞が題名の前についております。
少し嫌な予感がしたので、とりあえず『占星術殺人事件』の文庫版と冒頭の10ページくらいを比較してみました。読点の位置を直したり、漢字を平仮名にしているくらい(亘り→わたり など)で、小説の雰囲気は変わっておらず安心しました。

『占星術殺人事件』は、初読の印象がとても強く、イメージが崩れるのを嫌って再読するのをためらっていましたが、改訂完全版で読み返してみようと思います。

あとがきを読むと、全体的に文章を「磨き直し」ているそうです。もっと確認すると、文章が直されている箇所を発見できるでしょう。
それと、島田荘司のこだわりがある部分にポイントを絞って加筆しているようですね。

ちゃんと月報も入っており、全集らしくなっています。今回の月報には、さきほど亡くなった講談社の宇山さんと島田荘司との対談が載っています。
毎月出版されるから「月報」なのでしょうけれど、「島田荘司全集」の場合、第2回配本がいつになるのか判りません。いちおう、『島田荘司全集Ⅱ』には、『寝台特急「はやぶさ」1/60秒の壁』や『嘘でもいいから殺人事件』が入ると予告されております。

第1巻の出版が遅れる原因となった「加筆訂正」に時間がかかることになるでしょうから、気長に待つこととします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『摩天楼の怪人』 島田荘司 [島田荘司]

島田荘司の御手洗潔シリーズ最新長編 『摩天楼の怪人』 を読みました。

ワトソン役の石岡和己に出会う前の、若き日の御手洗潔が登場。
なぜかコロンビア大学の助教授として、脳の研究にいそしむ毎日とのこと。

御手洗は、死に瀕した大女優、ジョディ・サリナスから「このビルで過去に起こった不可解な事件のナゾを解いてご覧なさい」と挑戦されます。
「このピル」とは、マンハッタンのセントラルパークそばにある38階建ての高層ビル“セントラルパーク・タワー”。
20世紀初頭、アメリカ合衆国は繁栄の時代を迎え、マンハッタン島に、にょきにょきと世界一の高さのビルの建設ラッシュが始まります。新しいビルができるたびに世界記録の更新です。
このセントラルパーク・タワーで、1916年と1921年に発生した、6つの不可解な事件・不可能犯罪の解決に御手洗潔が取り組みます。

島田荘司、現代の最先端の科学を本格ミステリに、と提唱するわりには、この『摩天楼の怪人』はレトロなムードに満ちあふれています。
「死刑問題」や「冤罪事件」など“島田流社会派”のカラーはまったくないピュアな本格ミステリ。
しかし、犯罪は島田荘司の臭いがする個性的なモノです。

はたして、ときおり現れる「怪人」とは何者なのか?
停電でエレベーターが動かない中、地上34階から犯行現場の1階まで、たった10分間で往復することは可能なのか?
5年前の女優自殺とまったく同じ状況で再び発生した女優の自殺のナゾは?

などなど、多くのナゾが、いかにも島田荘司らしいトリックで解明されます。
ほとんどこじつけの、妄想に近い「ロジック」をこねくり回して「解決」する、「似非パズラー」が大手を振っている今、明瞭な物理的トリックで、ずどんと勝負する姿が清々しいです。拍手。

様々なエピソードが、最後できれいにリンクする手際よさは、島田荘司ひさびさのクリーンヒット。
一度広げた風呂敷をきちんと折り畳む技は、『水晶のピラミッド』や『アトポス』でも試みているものの、お世辞にも上手くいっているとは言えませんでしたが、今回は見事成功。

60歳近くなって、これほど熱(情念?)のこもった本格ミステリを書いたことへの御祝儀を含めて、評価は ★★★★ です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
島田荘司 ブログトップ