So-net無料ブログ作成
江戸川乱歩 ブログトップ

『怪人二十面相』 江戸川乱歩 [江戸川乱歩]

岩波文庫に「怪人二十面相シリーズ」が収録され、衝撃を受けました。
さっそく購入し、とりあえずシリーズ第一作『怪人二十面相』を再読しました。

怪人二十面相・青銅の魔人 (岩波文庫)

怪人二十面相・青銅の魔人 (岩波文庫)

  • 作者: 江戸川 乱歩
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2017/09/16
  • メディア: 文庫


底本は、連載後すぐに刊行された戦前の版。
戦後にいろいろと手が入っているやつは、たとえば「羽田空港」というように今風の名前に直されてしまっていて、軽い疑問をおぼえながら読んでいましたが、岩波文庫版ではちゃんと「羽田飛行場」となっていて、時代を感じさせてくれます。

今回再読して思ったのは、意外にも話がしっかりしているところ。
とくに、東京駅での明智小五郎と二十面相との駆け引きは面白い。
二十面相の心理もよく描けています。
長く継続したシリーズの第一作が良くできているのは、シリーズ物によくある法則。

戦前の少年探偵団シリーズ(『怪人二十面相』から第四作の『大金塊』まで)は、大日本雄弁会(現、講談社)刊行の月刊誌「少年倶楽部」に連載されていました。
この雑誌は読者層が中学生までとされていていました。

一方、戦後は主に光文社刊行の月刊誌「少年」に連載。
こちらは、メインの読者層は小学生だったそうです。
漫画も掲載されていて、「鉄人28号」とか「鉄腕アトム」が連載されていた。

戦後の怪人二十面相シリーズは話が単調で、二十面相の犯罪も「怪盗」というよりは、いかれたコスプレ野郎の愉快犯、というのが多くなってきます。
たとえば、『鉄塔の怪人』(1954年)では、二十面相はカブトムシのコスプレをして世間を騒がし、カブトムシ・コスプレの兵団を組織して、山の中に王国を築こうとします。
(一説には、戦前の『妖虫』の少年版リライトとも言われています。)
まったく馬鹿馬鹿しい話で、そもそもその資金はどこから出ているのか。

このあたりは、読者層の低年齢化が無関係ではないでしょう。
念のため申し添えますと、私はけっして戦後の少年探偵団シリーズが嫌いというわけではありません。
難しい小説に読み疲れたとき、コミックでも読む気分で、たまに少年探偵団シリーズを読んでいます。

さて、例に出した『鉄塔の怪人』ですが、ラストがなかなか衝撃的。
高い塔のてっぺんに追い詰められた二十面相は、
「てすりをのりこえ」、「目もくらむ数十メートルの地上へと、矢のようにおちていきました。」
「怪人二十面相の、あわれなさいごだったのです。」
となり、普通に読めば、二十面相は死んだとしか思えません。

いままでも、大爆発が起きて「二十面相の最期でした」ふうの説明書きはありましたが、それらは死体の確認があいまいな状況であり、実は生きていた、というパターンが可能なものです。
しかし、『鉄塔の怪人』のラストは誤魔化すのが難しい、というか誤魔化しようがない。

綾辻行人は、ここで初代二十面相は死亡し、次作からの二十面相は二代目だ、という説をとっています。
他には、二十面相はいくどか代替わりして、最期は四代目だという説もあるそうです。
シャーロッキンアン的な読み方ですね。

まあ、少年物ですから、あまりこだわらなくてもいいのではないでしょうか。
二十面相は、ホームズの「空き屋の冒険」のようなトリックを労さずに、次作『海底の魔術師』でなにごともなかったかのように復活しています。
めでたしめでたし。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

『仮面の恐怖王』 江戸川乱歩 [江戸川乱歩]

江戸川乱歩の少年探偵団シリーズ『仮面の恐怖王』を読みました。
20120812.jpg
いま、CS放送「ファミリー劇場」で、江戸川乱歩の美女シリーズを放送しています。
「土曜ワイド劇場」で最も有名なドラマシリーズのひとつ。
私の好きな女優、叶和貴子、古手川祐子、白都真理の若かりしころが拝める貴重な映像コンテンツです。

明智小五郎役といえば、もちろん天知茂ですが、彼の急逝をうけて、バトンタッチした北大路欣也の明智小五郎も私は気に入ってます。

この北大路版の第一作「妖しいメロデイの美女」の原作が『仮面の恐怖王』。
原作として唯一少年探偵団シリーズが使われているのがこの「妖しいメロデイの美女」です。
といっても、少年探偵団も二十面相も出てきません。
ただ「恐怖王」という怪人の設定だけが使われているのみ。

原作では恐怖王=二十面相ですから、ドラマの恐怖王も変装の天才。
つまり、美女シリーズでありながら、明智vs怪人が楽しめる美味しいドラマになっています。
80年代後半なので制作にお金をかけられたのでしょう。いまの土曜ワイド劇場では考えられない豪華なロケになっています。

さて、原作の『恐怖の仮面王』ですが、少年ものなので、特に言うべきことはありません。
ラスト、二十面相がゴリラの着ぐるみを着て小林少年を追う途中、土砂崩れに遭い動けなくなって御用というのは、ただただ唖然。
手下にゴリラ役をやらせないのは、重要な役目だからとのこと……

最後に徳川埋蔵金を見つけた小林少年は、それを元手に少年探偵団の装備に「携帯用無線電話」を導入すると提案して盛り上がります。
「少年探偵団、ばんざい!」
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「幽霊」 江戸川乱歩 [江戸川乱歩]

創元推理文庫『算盤が恋を語る話』に収録されている短編、「黒手組」と「幽霊」を読みました。
20081124.jpg
江戸川乱歩の代表的な短編小説の発表年は、大正12年~15年に集中しています。
この間、明智小五郎は5つの短編に登場しています。
「D坂の殺人事件」
「心理試験」
「黒手組」
「幽霊」
「屋根裏の散歩者」
これらの短編は、すべて大正14年の「新青年」に掲載されたものです。(「何者」は昭和4年)

このうち、「D坂の殺人事件」「心理試験」「屋根裏の散歩者」は文句なしの名作で、様々な短編集に収録されています。先日刊行された岩波文庫版の短編集にも入っています。
また、映像化もされていますね。

一方、「黒手組」と「幽霊」は明智小五郎が活躍しているにもかかわらず、あまり有名ではありません。
2作とも本格短編ですが、メジャーな他の3つの作品に比べると、小粒であるからでしょう。

「黒手組」は、誘拐組織“黒手組”から明智が令嬢を奪還する話。
「二銭銅貨」のような暗号が使われています。
もちろん、意外な解決が用意されていて、昭和の乱歩の「変格」っぽさはなく、その“健全さ”に意外な感じがします。

また「幽霊」も、メインのトリックはまるで松本清張が使ってもおかしくないような現実的なもので、これまた意外。
「黒手組」と「幽霊」は、「新青年」の6か月連続連載の作品ですが、乱歩は「幽霊」のデキが一番悪いと謙遜していますが、私は「黒手組」よりも「幽霊」のほうが好きです。

どちらの短編も書き方があっさりしていて、執筆中、乱歩があまりノッてなかったことがうかがえます。
そのあとに書かれた立派な「変格探偵小説」である「屋根裏の散歩者」の筆に勢いがあることとは対照的。
乱歩の資質がよく判る短編となってます。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『人間豹』 江戸川乱歩 [江戸川乱歩]

松本幸四郎、市川染五郎の親子が歌舞伎に仕立てることで一躍有名になった江戸川乱歩の通俗長編『人間豹』を再読しました。
20081103.jpg
通俗長編の後期作品は、比較的、本格推理の形式を整えているものが多くなります。
『悪魔の紋章』、『暗黒星』、『地獄の道化師』などのフーダニットがそうです。翻案文学の名作『緑衣の鬼』もですね。
『人間豹』はそれらの書かれる時期の直前に発表されました。昭和9年~10年にかけて「講談倶楽部」に連載。
本格の要素はかけらもなく、徹頭徹尾、乱歩スリラーです。

“人間豹”こと恩田は、豹と人間とのあいのこと臭わされているだけで、正体不明のモンスター。
協力者は、はっきり書かれているのは父親だけですが、なにか強力な情報網を持っているらしく、何度も明智や警察の裏をかきます。どんな組織を有しているかも不明。
そして、恩田親子の資金源も不明。
これらの謎は最後まで説明されません。もう、ミステリというよりホラー小説。

通俗長編の中では、スリルが維持されている佳作となっています。
特に、ラストの虎に襲われかけた文代夫人を救出に向かう明智小五郎のシーンは傑出しています。
明智たちの乗った車が貨物列車の踏切に捕まって立ち往生する場面がありますが、このアイデアは映画やドラマで何度も見かけます。乱歩のオリジナルではないでしょうけれど、手に汗握るサスペンスです。

初読は、中学3年生のとき。高校受験が終わったので、ゆっくりミステリが読めると楽しみに手にしたうちの一冊でした。
最初のカフェ女給殺しのシーンに、ドキドキしたことを今もよく覚えています。
なにか、いけないものを読んでしまったような罪悪感。
いま再読すると、恩田によるカフェ女給の凌辱、虐殺シーンは、かなり抽象的にぼかされていますが、少年にはかなり刺激的だったようです。

ラストで、恩田は気球に乗って逃走します。
数年後に登場する怪人二十面相の常套手段ですね。
この気球は東京湾で発見されますが、恩田の遺体は見つからず。
この処理も、怖い。
いつの日か、『人間豹 リターンズ』でも書こうと構想していんでしょうかね。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『青銅の魔人』 江戸川乱歩 [江戸川乱歩]

小説を読み終えたとき、
「次は何を読もうかなぁ……」
と迷うことはありませんか。
とりあえず、ショートリリーフのつもりで、手に取ったのが江戸川乱歩の『青銅の魔人』でした。
とにかく、なにか鞄に入れておかないと、通勤電車内ですることがなくなってしまうので。
これがなんと、意外にも楽しめました!

青銅の魔人 (少年探偵)

青銅の魔人 (少年探偵)

  • 作者: 江戸川 乱歩
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2005/02
  • メディア: 単行本


「少年探偵団」シリーズとしては、第5弾。戦後では初めての「少年探偵団」モノです。
ギリギリと歯車の音をたてて歩く、青銅の機械人間が、銀座の時計店から貴重な懐中時計を強奪。
警官がピストルで撃っても、不死身の“青銅の魔人”。
おお、こんなやつがいれば、戦争に負けなかったろうに。

「少年探偵団」モノの定番で、この魔人が犯行予告。
警備を固める警視庁の中村警部の班と世界的名探偵・明智小五郎。
厳重な警備をものともせず、大トリックを駆使してまんまとお宝を手中に収める魔人。
しかし、裏の裏をかく明智探偵。
ラストの魔人の脱出劇は、島田荘司がよく使うあのトリックの原理を使います。

プロットが緊密で、テンポよく展開し、飽きさせません。
下手な大人物の通俗長編よりも、スリリング。
シリーズ中、さすが有名な作品だけはあります。

そして、もうひとつ興味深かったのは、“復員を利用した別人へのなりすまし”が行われていること。
一方の雄・横溝正史が大傑作『犬神家の一族』や「車井戸はなぜ軋る」などで使っているシチュエーションですね。

別の「少年探偵団」モノにもチャレンジしてみます。

nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「わが夢と真実」 江戸川乱歩 [江戸川乱歩]

【円卓の騎士さんから感想をいただきました。いつもありがとうござます!】

これは初読です。これまで乱歩の自伝的なものに全く関心がなかったので、目にもとまりませんでしたが、折角『全集』を買ったので、読んでみようと思ったのです。

しかし、尊敬したくなるほどいい加減な人生を送っていますなあ。記述を見ると、躁鬱症かと思うところも散見されます。私は精神科医ではないので、診断はできませんが。

あっちゃこっちゃに用もないのに出かけては帰れなくなる、という誠に作家らしい人生です。私は乱歩は真に作家らしい作家だなと思っているので、妙に納得。真に作家らしいというのは、書くべきと思ったものと、出来上がったものがまるで違っていて、なおかつ出来上がったのが、実に新しい感じの小説だ、というところを指しています。書いてしまうというやつですね。体からにじみでるというのでしょうか。

この自伝らしきものを読んでいると、生まれたときから死ぬまでこの調子で、自分の嗜好に忠実にしかいられなかったのだろうな、ということです。そうした人間には感心してしまいます。神様も、仕方ねえな、と半分諦め気分でご加護をしてくれた、というところですかね。私も、乱歩ほどではないとは思いますが、神様が苦笑してしまうような人生を展開中。

それはともかく、この本にも実に美しい文章が載っています(「恋と神様」)。

「小学の一、二年の頃だと思う。いやに淋しい子供で、夕暮の路地などを、滅入るように暗くなっていく不思議な空の色を眺めながら、目に涙を浮かべ、芝居の声色めいて、お伽話のような、詩のような、わけのわからぬ独り言をつぶやきつぶやき、歩いていたりした(41ページ)」

このような文章が書ける人間は、最近の日本にはもう一人もおりますまい。詩人乱歩の真骨頂です。読んで久々に撃たれた文章でした。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『魔術師』 江戸川乱歩 [江戸川乱歩]

江戸川乱歩の通俗長編 『魔術師』 を再読しました。

『蜘蛛男』に続く事件で、明智小五郎夫人の文代さん初登場作品です。

創元推理文庫版の解説にもありますとおり「乱歩の通俗長編としてはまとまっているほう」との意見もありますが、それはあくまで他の通俗長編との比較であって、やはり今回も荒唐無稽、支離滅裂なストーリーが展開されています。

今回は、明智小五郎の相手となる「怪人」の“モンスター度”が低いので、私としては物足りない乱歩長編です。
「魔術師」は復讐に燃える男です。名前のわりには魔術的な行動をするわけでもなく、裏切ってばかりいる娘の文代を野放しにしておく甘さがあったり、初めは明智小五郎を殺すつもりはなく、復讐が完了するまで監禁しておく予定だったなど、小物を感じさせます。

とはいうものの、面白く読むには読みました。難しいことを考えずに楽しめるところが良いです。

さて、乱歩の通俗長編のうち、私のベスト3を紹介しておきます。
1位 『緑衣の鬼』
2位 『蜘蛛男』
3位 『人間豹』
です。
「蜘蛛男」も「人間豹」もモンスター度高し。
まあ、「人間豹」はモンスターそのものですが。

『緑衣の鬼』は、E・フィルポッツの『赤毛のレドメイン家』の翻案ですが、原作より面白かったです。『赤毛~』はやや冗長なミステリですが、乱歩はそれをテンポの良いエンターテイメントに仕立て直しました。原作になかった不可能興味も入れこんでいます。いずれもすぐに判るトリックですけれど。
乱歩は原作のある翻案には明智小五郎を登場させていませんが、「緑衣の鬼」と明智との対決を読んでみたかったです。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
江戸川乱歩 ブログトップ