So-net無料ブログ作成

『警視庁文書捜査官』 麻見 和史

「警視庁捜査一課十一係」シリーズ(WOWOWにて、木村文乃主演でドラマ化もされた)の麻見和史の新シリーズです。

警視庁文書捜査官 (角川文庫)

警視庁文書捜査官 (角川文庫)

  • 作者: 麻見 和史
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/01/25
  • メディア: 文庫


主人公は、「捜査一課文書解読班」班長、鳴海理沙警部補。
文書や文字から事件の真相にアプローチする独特な捜査を展開します。

一大勢力になっている警察小説のうち、女性捜査官モノのひとつ。
さらに、ドラマ「相棒」以降流行の「特別班」モノでもあります。
つまり、よくあるパターンではありますが、これは「文書捜査官」というものが新鮮。
手書きの文字や、走り書きのメモから書き手の個性や事件の手がかりを推理するあたりは、シャーロック・ホームズの血を引く名探偵の姿を彷彿とさせており、楽しいです。

事件自体は、いたずらに複雑で、解決手法も2時間サスペンス風に安易ですが、まあそこを減点しても新鮮みが勝り、面白く読めました。

著者の代表シリーズ「警視庁捜査一課十一係」はオーソドックスな捜査チームの群像劇ですが、「文書解読班」は2人だけの小さな所帯。感情移入がしやすく、こちらのほうが読みやすい。
続編も出たようなので、期待です。

ただ、「文書捜査官」という少し狭い範囲に特化した捜査を描いておりますので、バリエーションが豊富とはいえないでしょう。シリーズの量産には向いていないかもしれません。
「警視庁捜査一課十一係」の合間に書くのかな。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0