So-net無料ブログ作成
検索選択

『黒い白鳥』 鮎川哲也 [鮎川哲也]

読書帳を見たら、なんと5度目の再読でした。

黒い白鳥 (創元推理文庫)

黒い白鳥 (創元推理文庫)

  • 作者: 鮎川 哲也
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2002/03
  • メディア: 文庫


代表長編を多いと4、5回も再読する作家が、私には3人います。
横溝正史、高木彬光、鮎川哲也です。
「横溝・高木・鮎川スクール」という言葉があったそうですが、まぎれもなく戦後本格を代表する3人であり、中学高校時代の少年・編集責任者を育ててくれたのは、まさにこの3人の巨匠でした。

5回目になりますが、(再読としては)今回がもっとも楽しめたかもしれません。
事件を多視点で浮かび上がらせていき、刑事たちは地に足の着いた堅実な捜査を続けます。
現代本格と比べると、スピード感はありませんが、炙り出しのように徐々に事件の輪郭が明確になっていく様子はたいへん面白い。
リアリズム捜査小説かと思いきや、その中にしっかり手がかりを蒔いている。
これがまぎれもない本格ミステリーであることが分かります。

第一の殺人(陸橋から死体を列車の屋根に投げ降ろす)で、被害者の替え玉が中華蕎麦を食べているのを偶然目撃される、というエピソードをすっかり忘れていました。この出来事の読者への見せ方が上手い。
こういう細かいところまで、よく作り込まれた傑作です。

初めて読んだのは、角川文庫版。
この版に掲載された時刻表は、巻末にまとめられていました。
(普通は、関係する場面のところに必要なページだけ差し込む)
ちょうどミニ時刻表のような感じで、3、4ページにわたって時刻表が続いていたのです。
犯人がアリバイを説明するシーンでは、こちらも時刻表を開くがごとく、巻末のページをめくったことを思い出します。
時刻表が何度も駆使されている、時刻表ミステリーの王、『黒い白鳥』だからこそ味わえる醍醐味でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0