So-net無料ブログ作成

『黄色い風土』 松本清張 [松本清張]

私選・松本清張長編ベスト5に入る隠れた傑作です。

黄色い風土 (講談社文庫)

黄色い風土 (講談社文庫)

  • 作者: 松本 清張
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1973/01/27
  • メディア: 文庫


ちなみに、ベスト5は、
1 点と線
2 ゼロの焦点
3 Dの複合
4 火の路
5 黄色い風土
です。

『黄色い風土』は新聞連載小説。1959~60年に連載され、翌61年に刊行。連載時は『黒い風土』という題名で、お得意の「黒い~」を冠した作品でしたが、単行本刊行時には、なぜか『黄色い風土』に改題されています。
黒→黄色の変更理由は、小説を読む限りではまったく分かりません。

1960年前後は、清張の小説執筆最盛期で、いくつもの長編が量産されました。
この『黄色い風土』は、それらの中でも娯楽性の高い内容で、読者を飽きさせません。たいへん長い小説ですが、リーダビリティーが高くダレることはありません。

主人公は、若宮四郎という若い週刊誌編集者。
熱海への出張途中、東京駅で見た新婚夫婦のダンナの方が、新婚旅行先の熱海温泉で謎の死を遂げる。警察は自殺と断定するが、不自然さを感じた若宮が新婚夫婦のことを調べはじめると、次第に謎が深まり、追っていた関係者も死を遂げる。やがて連続殺人事件へと発展していく……。

少しずつ、犯罪の輪郭が浮かび上がってきて、やがて旧日本軍の残党が関係する悪事が見えてくる、というスケールの大きさも良い。ラストは、清張らしからぬアクションシーンもあって驚きます。

清張の悪癖「偶然の安易な利用」は序盤のひとつを除いては気にならない程度。その偶然は、東京がまるで人口五千人の小さな村と思ってしまう! 清張作品を数多く読破している私は、もう麻痺していて興ざめすることなく読めるのであります。

水準以上の作品だと思いますが、なぜか知名度がありません。映像化も映画とドラマでそれぞれ一度ずつだけ。
映画は、連載直後の1961年に公開。鶴田浩二、丹波哲郎、佐久間良子の豪華キャスト。
ぜひ見てみたい。
ただ、内容はかなり簡略化されているとのこと。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0