So-net無料ブログ作成

『人間じゃない』 綾辻行人 [綾辻行人]

2017年は、綾辻行人のデビュー30周年。

人間じゃない 綾辻行人未収録作品集

人間じゃない 綾辻行人未収録作品集

  • 作者: 綾辻 行人
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/02/24
  • メディア: 単行本


高校からの帰りに立ち寄った書店で、平積みされていた講談社ノベルス版『十角館の殺人』を見つけたあのときのこと、いまでもよく覚えています。

「デビュー30周年 2冊同時期刊行!」と銘打った企画ですが、1冊が新装改訂版、もう1冊が未収録作品集というのは、いささか寂しい。

この『人間じゃない』は未収録作品集で、中編1つと短編4つが収められています。

「赤いマント」は、『人形館の殺人』の後日談
「崩壊の前日」は、『眼球綺譚』収録の短編の姉妹編
「洗礼」は、『どんどん橋、落ちた』の犯人当て小説シリーズのひとつ
「蒼白い女」は、『深泥丘奇談』の番外編
「人間じゃない―B04号室の患者―」は、『フリークス』番外編

館シリーズ、犯人当て、怪談、ホラーと、おおまかながら綾辻行人の作品群全体を俯瞰するように、幅広に収録されています。その意味では、30周年にふさわしい短編集かも。

「洗礼」の中身の犯人当てテキスト部分(いつものように入れ子構造)と
「赤いマント」は、オーソドックスな本格ミステリで、このまま眠らせておくのはもったいなかった。

「人間じゃない―B04号室の患者―」は、もともと「漫画原作として考案したプロット」だそうで、「漫画だからこそ成り立つ仕掛け」を使っています。
漫画版は読んでいませんが、確かにこれは面白いかもしれません。
小説では、工夫はされていますけれど、衝撃度は漫画よりは薄くなっていると思われます。

読み終えた勢いで、いま、『フリークス』を再読しています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0