So-net無料ブログ作成

「殺人鬼」 横溝正史 [横溝正史]

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

さて、毎年元日に横溝正史の小説を読む企画。今年も挙行いたしました。
今年は、「殺人鬼」です。

殺人鬼 (角川文庫)

殺人鬼 (角川文庫)

  • 作者: 横溝 正史
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2006/11/25
  • メディア: 文庫


文庫本にして80ページ強のやや長めの短編。
初出は、昭和22年12月、雑誌「りべらる」に掲載。
「りべらる」というのは、「カストリ雑誌のなかで、もっとも読者数が多かった」(『金田一耕助 完全捜査読本』宝島社)そうです。

長短編あわせて77作ある金田一耕助もののうち、ごく初期、5番目の作品。『夜歩く』や『八つ墓村』より前です。
初期の短編には、「蝙蝠と蛞蝓」などのように、形式にとらわれない自由なストーリー展開のものが目立ち、なかなか面白い。
この「殺人鬼」も、探偵小説作家・八代竜介の一人称視点で話が進みます。東京が舞台なのに、等々力警部は出番なし。

大昔に読んでいたのですが、すっかり忘れていたところ、昨年、NHK-BSで30分枠でドラマ化したことから読み返してみました。

事件の真相はなかなか複雑。
普通に書くと不自然なところも、キャラクターの背景や性格からそのような行動をとる必然性を持たせるところなど、さすがは横溝正史。小説家としての技量の高さを改めて実感。

短編らしく、最後にオチを決めているのもいい。

さて、小説の内容と関係ありませんが、今回、旧角川文庫版で読みました。
まあ、なんと活字の小さいこと。
終始、眼鏡を外してピントが合う距離に本を掲げて読む始末(ド近眼なので、眼から紙まで10センチもない)。
こうなると、電子書籍のありがたみが分かります。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0