So-net無料ブログ作成

『乱れからくり』 泡坂妻夫 [泡坂妻夫]

泡坂妻夫の第2長編 『乱れからくり』 を再読しました。日本推理作家協会賞受賞作です。

乱れからくり 日本推理作家協会賞受賞作全集 (33)

乱れからくり 日本推理作家協会賞受賞作全集 (33)

  • 作者: 泡坂 妻夫
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 1997/11
  • メディア: 文庫


ストーリーはいまさら説明する必要はないでしょう。
異形の〈ねじ屋敷〉や、庭園に生け垣で作られた五角形の迷路、洞窟の冒険などなど、探偵小説らしいパーツがこれでもかとつぎ込まれた作品。
雑誌「幻影城」が存在しなければ、絶対にこの時代には発表されなかったであろう、いい意味でレトロな圭作。

本格ミステリの代表的作品のひとつ、とも言われていますが、パズラーとしてはそれほど完成度は高くありません。ひとつひとつの殺人事件が詳細に検証される間もなく、次々と殺人が発生します。
手がかりの提示の仕方も、あまりフェアとは言えません。
第1長編の『11枚のとらんぷ』が横溝正史の『本陣殺人事件』と『獄門島』にあたるとすると、この『乱れからくり』は『八つ墓村』です。
探偵小説テイスト満載のスリラーですね。

近年の館ミステリ、『暗黒館の殺人』や『哲学者の密室』などと比較すると異形の館の表現がやたらあっさりしているような気がしますが、このくらいの省略があったほうが、逆に五角形迷路が強調されます。
重厚長大化してしまった最近の本格ミステリに対するテーゼとして読むと楽しいかも。
「省略」と「強調」の良い手本です。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 2

天下布武

ユーサク!マツダ!

「乱れからくり」と聞くとあの松田優作が出た
似合わない映画ね、とパブロフの犬になります。

事件の真相は大風呂敷で好きです。
最後♪ちゃりーんちゃりーん!もまさに八つ墓ですね!


省略と強調・・・
なるほど・・
言えてますね。

いま、ゆかしいミステリって書きづらいですよね。
もう、無口な執事たって、いなそうだもの^^
「アタシの年金、もらえるかな」とかって
考えてないわけなくて。

猿蔵、たって、もういないしね^^
たいがい、女の子を連れまわしたりして捕まりそうだし。


飲み屋の店長もバーテンも、しばらくいかないと、
間違いなく辞めてるし(関係ないっ)。
あれ、バーテンになりたい人って、なんでバーテンに
なりたいんだろう。
かっこいい? そりゃイメージでしょうし。
子供の時、新幹線の運転手になりた~いっって
言って、ほんとになる人、実際少なすぎるはずなのに
なっちゃう、みたいな人?


なにか、ミステリに出てきて絵になる人物、謎、建物が
少なくなってきましたが、(もはやたいがい老後のことや介護の
ことを考えてるはずで)、建物なら、そういうことを考えない、
唯一純真なミステリ世界の大道具として、ここまで愛されて
きたのですね。


いま、われわれが驚く「館」って無さそうですよね。
「斜め屋敷の殺人」が、耐震偽造の話で「そっちの斜めかいっ」
だったら売れなかったでしょう(うん。)

淡坂さんは、鮎川さんより、気質に合うなあ。
なんでだろ。
でも鮎川さんを手放さなかった作家が生き残りそう。
もう広がり行くジャンルを止める手立てが無い~
by 天下布武 (2008-09-11 00:48) 

編集責任者

松田勇作の映画は見たことがないのです。
原作者の手品もライブで見たことだし、これはもうアノ映画を見るしかありませんね。
ということで、ケーブルテレビで放送しないか、注意してチェックしてみます。
by 編集責任者 (2008-09-14 22:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2